www.alleghecivetta.com

現代の日本社会は、これまでの社会保障制度が大きく変化しているため、自身の財産は自身である程度管理できる知識が必要となります。そうしたことを背景にFP(ファイナンシャルプランナー)の資格取得を目指す人も非常に増加傾向にあるとされています。 FP資格を取得することで、年金制度や保険制度、金融資産運用、タックスマネジメントなど現在の財産から将来的な財産まで様々な観点からチェックし、プランを立てることができるようになります。 しかも、FPの資格を取得していれば、自身だけでなく他の人のライフプランニングを計画し、アドバイスすることも可能であり、社会保険労務士や宅地建物取引主任者、DCプランナーといった上位の資格と合わせることでビジネスを始めることもできます。 FP資格は1〜3級まで用意されていますが、2,3級までは比較的難易度が低く学習さえすればどなたでも受かることができますので、今後の社会や経済状況なども考慮し早いうちに取得を目指しておくことがオススメです。

コンテンツメニュー